入れ歯,噛み合わせのことなら芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

Denture


入れ歯治療

入れ歯の装着感は改善できます。ぜひご相談ください

入れ歯治療は失った歯の機能を補うためのもっともポピュラーな治療です。
ただ「外れやすい」「よく咬めない」「見た目が不自然」などのイメージがあるかもしれません。

しかしお口にぴったり合っていて咬み合わせが整っていれば快適に使用できます。
現在ご使用されている入れ歯の装着感は改善できますので、他院で作られた入れ歯についても、芦屋市の歯科医院「芦屋M&S歯科・矯正クリニック」にお気軽にご相談ください。

入れ歯とは

入れ歯はいくつかに分類できます。
まずは、形状。すべての歯を失った場合につくる「総入れ歯」と歯が残っている場合につくる「部分入れ歯」に分けられます。
そして、保険診療と自費診療の区分でも価格や機能に大きな差が出ます。
保険診療の場合は、治療費用を一部負担するだけでいいので、比較的安価に治療できますが、作製方法や使用素材に制限があります。自費診療の入れ歯は素材や作製方法を自由に選べますので、装着感や見た目の自然さなどにこだわることができます。

それぞれのメリットと注意点をしっかり知ることが、患者様のご満足につながりますので、一緒に話し合って決めていきましょう。

保険と自費の入れ歯の違い

保険診療 自費診療
床の素材

    レジン(歯科用プラスチック)です

    レジン、金属、特殊な樹脂などさまざまな選択肢があります

人工歯

    制限があります

    素材や色、形などバリエーションが豊富で天然歯に近い人工歯を選べます

固定方法

    金属のバネ(クラスプ)です

    さまざまな選択肢があります

作製期間

    比較的短期間です

    比較的長期間です

違和感

    厚みがあるので違和感があります

    薄くつくることができるので違和感を抑えられます

強度

    高くありませんが、修理が比較的簡単です

    丈夫な素材を選べます

症例紹介

治療前 治療後
症例1
症例2
症例3