芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

入れ歯トラブル解決法

毎日の日常生活では、食事を美味しくいただき、家族や友人と楽しく会話を楽しみたいですね。そのためには入れ歯が自分の歯の一部として馴染み、違和感なく使えることが大切です。今回は、初めて入れ歯をつけた方へのアドバイスや、入れ歯が合わなくなる原因についてなどをお話します。

初めて入れ歯を装着

先ずは使って、慣れよう!

初めて入れ歯をつけた時や新調した時には、今までとの違いに違和感を感じることがあるかもしれません。それは口の粘膜や頬の筋肉が入れ歯に慣れていないからです。ちょうど新しい靴を履いて靴擦れを起こすように、慣れない入れ歯で痛みや違和感を覚えるのです。そこで、口に馴染んで違和感なく日常生活を送れるようになるためには、「できるだけ装着しておく」という普段のトレーニングが必要です。個人差はありますが、トレーニング期間には1週間~1ケ月くらいかかるでしょう。毎日の食事や会話などで舌や口を動かすことで、少しずつ感覚が慣れてきます。気がついた時には違和感なく日常を過ごしていることでしょう。

必ず調整!

口の中の型取りの模型から、入れ歯は作られます。いくら腕の良い歯科医師や歯科技工士が精密に仕上げても、模型上と口の中では微妙な差が生じます。初めから入れ歯がぴったり合って、ずっと調子が良いというのはとても稀なことなのです。
初めて入れ歯を使った方は、最初の調整の時期で担当医に入れ歯の状態を相談してください。1週間ほど入れ歯を使用して感じた疑問や、使用感などをできるだけ細かく伝えてください。数多くの患者さんを診てきた歯科医師だからこそ、状況に応じた的確なアドバイスをしてもらえるでしょう。

合わなくなった原因

自分の体の一部として口に馴染んだ入れ歯が、よく噛めて発音もクリアだったのに、長い間使い続けているうちに合わなくなったことはないですか? 入れ歯が合わなくなる原因には以下のことが考えられます。

歯茎と入れ歯の密着度合い

歯を失うと歯茎が痩せて、凸凹になることがあります。凸凹があると隙間ができるので入れ歯が密着し難くなって、特定の部分だけに力がかかって、入れ歯が当たり易くなります。

噛み合せの時のバランスのズレ

食べ物を噛む時には力がかかり、入れ歯で歯茎が押されます。歯茎に均一に力がかかっていればよいのですが、バランスがずれると、力のかかっている部分が噛むたびに痛みを感じるようになります。

入れ歯の破損

入れ歯は主にプラスチックでできているので、長年使っているうちに変形し、徐々にすり減っていきます。また、毎日何度も着脱を繰り返すことで、金具が緩んだり折れたりします。

お口の変化

患者さんの口の中の変化も、入れ歯が合わなくなる原因の一つです。例えば、歯茎が薄くなる、骨の厚みが減る、歯がすり減るなどです。たとえ健康な状態でも、加齢とともに口の中は変化します。顎の骨の厚みが減ると、入れ歯に食べ物が詰まったり、ガタつきを感じるようになります。
入れ歯安定剤を使うのも一つの方法ですが、一次的な応急処置に過ぎません。入れ歯が合わなくなった原因を調べて、根本的に解決するためにも歯医者さんでしっかり診てもらうことが必要です。

入れ歯の手入れ

入れ歯は人工のものですから、虫歯にはなりませんが、キレイに見えても細菌が付着しています。汚れたままだと、口臭の元にもなり黒ずんでくるので、長持ちさせるためには、正しい手入れが必要です。
毎食後に洗うのが理想的ですが、せめて就寝前に一日一度、入れ歯専用歯ブラシで水洗いしてください。洗った後は、乾燥や変形を避ける為に水の中に入れて保管します。水は毎日取り換えて、清潔に保ってください。
尚、3日に一度は入れ歯専用洗浄剤で汚れを浮かし、その後ブラシでこすって、流水で洗浄剤と汚れを洗い流してください。熱湯や漂白剤につけると変色や変形のもとになるので避けましょう。

入れ歯の修理と定期チェック

入れ歯の修理

「入れ歯の調子が悪いけど、歯医者さんに行くほどでもない」と、思っている方も多いようです。しかし、入れ歯の修理は小さな不具合のうちに行うのが、快適なお口の環境を保つコツです。チョットした不具合でも、時間が経つにつれ大きな不具合へと変化して行くこともあります。小さな不具合のうちに修理出来れば、簡単な修理で済むので、その日のうちに快適な入れ歯を取り戻せる場合が多くなります。

定期的なチェック

入れ歯に問題がなくても、半年に一度は定期検診を受けてください。自分では気がつかなかった入れ歯の不具合を、歯医者さんが見つけてくれることも多いのです。使っている入れ歯が今より快適になるだけでなく、ピカピカにクリーニング・洗浄された入れ歯で、お口の中がスッキリとします。快適なお口の環境を保つためにも、歯医者さんで定期検診を受けることがおススメです。

いかがでしたか、お口の中の変化に応じて、入れ歯も調整が必要になります。定期的にチェックすることで、入れ歯も少ない調整で済み、お口の良い環境を長く保つことができます。