芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

歯の治療中断で起こるトラブル

歯が痛くなって歯医者さんに駆け込み、通い始めたけれど、予約の都合がなかなか合わず、痛みがなくなった後、ついつい中断してしまったという経験はありませんか?
今回は、治療を中断することで悪い結果に陥り易いケースを挙げてみました。

治療中断によるトラブル

歯の神経を取ったままで放置

歯の神経を取り除いた後や、神経が腐って歯の根の治療を行っている場合、主に歯の内部の治療を行っている時に、1ヶ月ほどでも中断すると後のダメージが特に大きくなります。歯の内部は菌に対して抵抗力が弱いので、歯の中に細菌が増殖し虫歯が進行したり、根の内部が汚れてしまいます。神経が取り除かれている場合は、すぐに痛みの出ることが少なく、知らないうちに歯が侵され折れやすくなったりします。根の治療での中断は、1ケ月ほどで影響が現れ、数ヶ月以上の放置では回復が不可能になって、抜歯しなければならなくなる場合もあります。歯の根の治療では痛みがなくなった後でも治療に数回かかり、ここで中断すると歯の寿命を一気に縮めてしまうので注意してください。

応急処置での放置

親知らずなどが腫れた場合、歯の周囲を洗浄したり、膿を出すために歯茎の一部を切開するなどの応急処置がとられます。一時的には症状が改善されますが、これは対症療法に過ぎず、原因である汚れや細菌などの塊は歯茎内部に残ったままですから、しばらくすると以前よりもっと腫れて状況が悪化することが多くあります。

被せ物などの型を取ったままで放置

歯型を取った後でも、歯は口の中で少しずつ移動することが多く、できるだけ期間を開けずに完成された被せ物を取り付けることが、良い結果に繋がります。型取り後1~3ヶ月も経過してしまうと、被せ物の適合性がズレることが多く、調整に余分な時間がかかったり、
最悪、作り直しになる可能性もあります。また、歯と仮詰め物の間に歯垢が入って歯質を溶かし始めることもあるので、神経ギリギリで保存・型取りしていた場合には、神経を取るなどの治療が必要になることもあります。追加費用の問題以外に、担当医や歯科技工士のモチベーションの低下も考えられます。

虫歯を薬で埋めたまま放置

新しく虫歯を発見した場合、歯の神経を鎮静させる薬を詰めて、しばらく様子を見ることがあります。痛みが消え、穴も塞がっているからと、この段階で放置することが考えられます。しかし、これは仮の詰め物処置に過ぎないので、内部の虫歯をしっかり治療していないことが多く、また詰め物自体も次第に崩壊していくので、虫歯のさらなる悪化を招き、神経を取ったり、歯を抜いたりしなくてはならないことになります。

仮歯のままで放置

プラスチック状の樹脂でできた仮歯は、長期間の使用には耐えられませんが、手軽で見た目も良く、完成後の形態の確認などのために作られます。仮歯は時間の経過とともに次第にすり減り、その部分は歯の移動によって補正されて、被せるために削ったスペースが、どんどん失われていきます。その結果、治療再開にあたって、スペース不足分を補うため追加で歯を削ることになってしまいます。元々、歯の神経の近くで保存していた場合は、神経を残せなくなることもあります。仮歯は外して治療できるよう、接着力の弱いものが使われ、ガムや飴、お餅など、引っ付き易い食べ物では仮歯が外れる原因となるので、それらを食べるのは控えて下さい。また仮歯が外れたり、欠けた場合は捨てずに、歯科医院へ持参し修理依頼してください。

抗菌薬の服用だけでは完治しない

抗菌薬を使った虫歯治療法は、生体の治る力を引き出して病巣組織を修復するものです。歯を削る量を抑え、治療が早く済むなどのメリットがありますが、大きな虫歯の場合、抗菌薬の服用だけで完治することはありません。服用し続けることで効き目がなくなる場合や、胃腸の調子が悪くなるなどの副作用も起こり得ます。

抜歯しなくてはならない歯の放置

親知らずや虫歯などで、歯科医から抜歯が必要と判断された場合、放置しておくことは危険です。虫歯が進行し、歯茎が大きく腫れたり膿むだけでなく激しい痛みを伴います。最悪、他の歯や体全体に痛みが出る場合もあるので、歯科医の判断に従い期間をあけずに抜歯してもらうことが勧められます。

いかがでしたか、今回は歯の治療中に中断してはいけない理由を挙げてみました。
他にも様々な治療がありますが、どれをとっても中断して良くなることや治ることはないので、必ず最後まで治療を終わらせましょう。