芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

八重歯になる原因とリスク

八重歯と犬歯について

八重歯と犬歯は同じ歯を指しますが、八重歯と犬歯には別の意味があります。

犬歯

犬歯の特徴

犬歯は前から3番目に生えている菱型の歯で、永久歯の中でも歯の根が長く、歯周病に罹患しても最後まで残ることが多くなっています。犬歯には「犬歯誘導」という、下の顎を横にずらした時に上下の犬歯が当たることで、奥歯を守る需要な役割があります。犬歯は歯の根が長く、横にかかる力に強い特徴があり、それに対し、奥歯は縦の力に強く横にかかる力に弱くなっています。
八重歯で犬歯誘導の機能が無くなると、長期間にわたって奥歯に大きな負担がかかり、歯の根にヒビが入って知覚過敏を起こし易く、最悪の場合、欠けや割れのリスクが発生します。

犬歯、八重歯の矯正

八重歯は正しい歯並びに改善する矯正治療が適しています。矯正装置を使って、歯を正しい位置に誘導し、噛み合わせの改善を行うことで、歯並びが整い、見た目も改善されます。審美目的の美容歯科では、短期に治療を終わらせるために犬歯を抜きますが、矯正歯科では奥歯を失う原因となる、治療期間短縮のために犬歯抜歯を行いません。

八重歯

八重歯の予防

犬歯は永久歯の中で最後に生えることが多いので、歯の生えるスペースが足りないと、歯の並びの外側に生えて他の歯と重なり合い、八重歯になって目立ちやすくなります。八重歯の予防は、6~12歳の乳歯と永久歯が混在する時期に矯正治療を行うことで、犬歯の生えるスペースを確保できます。

八重歯の治療時期

・Ⅰ期治療:乳歯と永久歯が混在する時期の矯正
・Ⅱ期治療:乳歯が抜けて永久歯が生え揃っている時期の矯正
Ⅰ期治療に歯並びのスペースを確保することで、Ⅱ期治療ではスペース確保のための抜歯をせずに矯正が行える可能性が高くなります。

犬歯が八重歯になる原因

歯の生えるスペースが足りない

顎の骨の発達不足や歯の大きさによって、犬歯は最後の方に生えるので、生えるスペースが足りないと八重歯になってしまいます。スペースが不足する要因としては、①歯並びに対して歯が大きい ②歯に対して歯並びが小さい ③①と②の両方 などがあります。

早くに乳歯を失った

上顎の乳犬歯は10~12歳頃に犬歯に生え変わるのが一般的ですが、虫歯などで早く乳歯を失くした場合、奥の永久歯が前方に移動し、犬歯の生えるスペースが足りなくなって外側に生えることで八重歯になります。また逆に、乳歯が遅くまで残ると晩期残存乳歯といって、永久歯が正しい位置に生えずに八重歯となる可能性があります。

口呼吸をしている

口呼吸では舌の位置が下顎におかれた状態になり、上顎に舌の圧力がかからない状態(低位舌)になります。この状態では頬の圧力が上顎にかかり、前歯の部分が前方に出た「V字型歯列弓」になり、八重歯の原因となります。尚、口呼吸では空気中のホコリや菌などを体内に取り込むことになり、全身の健康に悪影響を及ぼします。鼻呼吸が本来の呼吸方法で、舌が常に上顎におかれた状態になっています。これにより、顎をU字型にすることで、唾液の分泌量が増えて殺菌効果が高まり、虫歯や歯周病の予防に繋がります。

歯が大きい

歯が平均より大きい場合は顎の大きさが足りなくなり、歯が生えるスペースの確保が難しくなって八重歯になります。

正常より歯の本数が多い

正常な歯の本数は乳歯20本、永久歯28本(親知らずを含めて32本)となります。生まれつき歯の本数が多い(過剰歯)と、歯を並べるスペースが不足して、八重歯や凸凹の歯並びの原因になります。尚、上の前歯は過剰歯が生えやすく、顎の骨に埋まっている場合もあります。

八重歯の治療方法

歯列矯正で治す

八重歯になっている歯の状態は、歯と顎がアンバランスになっているので、多くの場合、八重歯になっている犬歯の一つ後ろの歯の第一小臼歯を抜歯し、抜歯した隙間に八重歯を移動させて治します。小臼歯の幅は7~8㎜なので、2本(左右両方抜歯した場合)抜くことで14~16㎜のスペースが確保できるので、大きく改善がのぞめます。

IPRや側方拡大などでスペースを作る

八重歯の位置ずれが酷くない場合は、八重歯を正しい位置におさめるために必要なスペースは僅かですむので、下記の方法で行えます。
・IPR(歯と歯の間をわずかに削る)
・側方拡大(歯列を側方へ全体的に拡大する)
・奥歯の後方移動
IPRにより1箇所あたり最大0.5㎜削ることができ、側方拡大や奥歯の後方移動で数㎜作り出せます。インビザラインなどのマウスピース装着によって、側方拡大や奥歯の後方移動が可能になっています。

八重歯を抜歯する

40代を過ぎると歯列矯正で歯を動かすと、歯周病が悪化する場合があります。奥歯の噛み合わせがしっかりしていて、八重歯だけが気になる場合には八重歯を抜歯することがあります。これによって重り合っていた歯並びを改善できます。

いかがでしたか、歯が生えるスペースの足りないことが八重歯の大きな原因となっています。歯を正しい位置に戻す矯正治療が最適といえます。
是非、参考にしてみてください。