芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

マイナス1歳からの虫歯予防

子どもさんが健康な歯をキープして、明るい楽しい生活が送れるよう、妊娠しているうちからお母さんが実践する虫歯予防のことを、「マイナス1歳から始める虫歯予防」といいます。子どもさんには虫歯でつらい思いをさせたくないのが、お母さんの願いですね。今回は、産まれてくる子どもさんのための、お母さんの虫歯ケアのお話です。

マイナス1歳からの虫歯予防

マイナス1歳というのは赤ちゃんが生まれる前、つまりお母さんのお腹にいる段階の胎児のことをいいます。お母さんの歯の健康状態は、赤ちゃんとは無関係のように思われますが、実は両者にはとても深い関係があるのです。さすがに、お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんに直接、虫歯予防をすることはできません。しかし、お母さんが自分のお口のケアを積極的に行うことで、生まれてくる赤ちゃんのお口を虫歯になり難くすることができます。これが、「マイナス1歳からの虫歯予防」の意味です。

周囲からの虫歯感染

虫歯はミュータンス菌をはじめとする虫歯菌によって引き起こされる感染症です。生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌がいないので、虫歯になることはありません。では虫歯菌はどこからやってくるのかというと、それは周囲の家族、特に一番赤ちゃんと接することの多い、お母さんの口の中からなのです。

感染の窓(生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月)

虫歯菌は歯のある場所でしか生きていけません。そのため、まだ歯の生えていない生後6ヶ月くらいまでは、たとえお母さんの口から唾液と一緒に虫歯菌が入ってきても、赤ちゃんのお口に住み続けることはできません。通常、赤ちゃんは生後1歳7ヶ月から2歳7ヶ月くらいの間に、虫歯菌に感染するといわれており、この時期を「感染の窓」と呼んでいます。

早期の感染ほど虫歯になりやすい

子どもさんの虫歯菌感染時期が早ければ早いほど、お口の中の虫歯菌の割合が多くなり、その後の虫歯になる確率が高まるとされています。逆にたとえ虫歯菌に感染しても、その時期が遅ければ遅いほど、虫歯菌の割合を少なくすることができるので、虫歯になるリスクも下げることができるのです。お母さんに虫歯菌が多いと、子どもさんに虫歯菌を移しやすくなるので、子どもさんが虫歯になる確率が高まります。そうならないためにも、赤ちゃんが生まれる前からお母さんがお口のケアをしっかり行って、虫歯菌を少なくしておくことが大切なのです。

マイナス1歳からの虫歯予防の方法

・定期検診
妊娠中はホルモンバランスの変化や食生活の変化などで、お口の環境が悪くなりがちです。そのためにも、自分の歯の健康を守る定期検診を、妊娠後はむしろ積極的に受けることが勧められます。

・お母さんの虫歯治療
虫歯は妊娠前に治療しておくのが理想的です。しかし、もし妊娠中の検診で虫歯が見つかった場合は、体調や妊娠の時期に応じて、できるだけ早く治療しましょう。虫歯を放っておけば、お口の中に虫歯菌が増えるばかりで、痛みも出てくるので余計に大変なことになります。また、妊娠後期や出産後では、なかなか歯の治療に時間を割けなくなります。その結果、子どもさんへの虫歯のリスクが心配されるので、早めに治療するのがベストと言えます。

・歯のクリーニング
妊娠中はお口の環境が悪化しやすく、特に虫歯のリスクが高まります。そのため、家庭での歯磨きだけでなく、積極的に歯科医院でプロのクリーニングを受けて、虫歯になるリスクを下げることをお勧めします。

・お口の環境改善
1-キシリトールで虫歯菌の増殖防止:甘味料のキシリトールには、虫歯菌の増殖を抑える働きもあります。そこで、キシリトール入りのガムやタブレットを積極的に摂取することで、虫歯になるリスクを下げることができます。また、キシリトールの連続摂取によりお口の環境を良くする効果も期待されます。ただ、キシリトール入りを謳っている製品にもいろいろあるので、キシリトール濃度の低いものはあまり効果が期待できないので、含有率ができるだけ高いものを選ぶようにしてください。
2-プロバイオティクス製品の摂取:特殊な乳酸菌を摂取することで、お口の中の細菌バランスを整え、虫歯菌を少なくする効果が期待できます。
〇HKL-137:免疫力を高める乳酸菌-歯周病予防
〇ロイテリ菌プロテクティス:歯周病予防、虫歯予防
〇フェカリス菌129 BIO 3B株:虫歯予防
〇乳酸菌WB2000株:お口の健康、歯周病予防、虫歯予防

いかがでしたか、子どもさんに口移しで食べ物を与えるのは、悪玉菌であるミュータンス菌を移すことになるので厳禁です。しかし、あまり神経質になり過ぎず、お母さんが口内ケアをしっかり行って、キシリトールの摂取により口内フローラを整えることが大切になります。