芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

ガムブリーチで歯茎をきれいなピンク色に

いくら歯が美しくても歯茎が黒ずんでいては、その美しさが台無しになってしまいます。
歯茎が黒ずんでしまう原因には遺伝や喫煙なども考えられますが、基本的にはメラニン色素の沈着にあります。歯茎が健康的でキレイなピンク色をしていたら、歯の美しさがなおさら際立ちますね。そこで、歯茎が黒ずんで気になる方には、ガムブリーチ(歯茎の色素沈着除去)という方法があります。今回は歯茎をきれいにするガムブリーチについてのお話です。

歯肉の黒ずみの原因

喫煙者によくみられる症例ですが、それ以外に歯周病やドライマウスを発症している方に多くみられるのが歯肉の黒ずみです。歯肉に黒ずみが出ていると、口を開けた時に他人の目からは汚いイメージに映ります。そんな黒ずみの正体が、夏場に紫外線が長時間当たった時に肌に現れる日焼けと同じメラニン色素なのです。
日焼けの原因といわれるメラニン色素が口に発生する理由は、歯肉の組織を攻撃することによります。メラニン色素は肌の奥に潜む物質で、紫外線などで組織に傷が発生した場合に一時的に傷が深くならないように抑える役割を担っています。そのため紫外線が多く当たる環境に居続けると、口内が健康な方でも黒ずみが発生する場合もあります。でも一番多いのが虫歯や歯周病などの口内トラブルを起こした方や、日頃からタバコを吸っている方には発症確率が健康な人に比べて圧倒的に大きいのです。

ガムブリーチ

歯茎が黒ずむ原因は遺伝や喫煙などいろいろですが、基本的にはメラニン色素の沈着にあります。レーザーによる歯肉漂白という方法もありますが、基本的にレーザーによる漂白は
「焼く」という治療なので、麻酔が切れると痛みがあったり、焼いた後の見た目が悪くなる場合もあります。その点、専用の薬剤を用いたガムブリーチなら、ほとんど痛みがなく、治療後も歯茎が一時的に白っぽくなるだけです。

こんな方におすすめ

・歯肉の黒ずみが気になる方
・ホワイトニングを受けられた方:歯肉がピンク色になれば、より一層ホワイトニング後の白い歯が映えて、きれいに見えます。

メラニン除去を受けられない方

・歯肉に歯周病、歯肉炎など炎症のある方:クリーニングを行って炎症が治まってからの処置をおすすめします。
・フェノール、アルコール類の薬剤にアレルギーのある方
・歯の被せ物の金属が原因で、歯肉が黒ずんでいる方:メラニン色素沈着以外の原因では、元の色に戻りません。

治療の流れ

1-薬液をメラニンの沈着が見られる歯肉に塗布。
2-薬液が徐々に反応して、歯肉が白く変色。
3-施術後、3~7日で歯肉の状態が変化。
4-薬液を塗布した歯肉にかさぶたのような薄い膜ができて、ピンク色の新しい歯肉ができます。
5-2週間後、来院して歯肉の色合いを確認。
6-色素除去が十分でない場合は、再度、ガムブリーチを実施。

注意事項

・施術すると、人によっては薬剤が沁みて痛みを感じる場合があります。施術直後は歯茎が敏感になっているので、飲食や歯磨きなどには気をつける必要があります。
・薬を塗布後は歯茎が白っぽくなることがありますが、徐々に消えてゆくので、気持ち悪いからと無理にめくると非常に痛いですから、自然に任せるようにしてください。
・歯茎のホワイトニング実施直後は、組織を剥がし取っているため非常に敏感な状態になっています。喫煙以外にも、香辛料の多く入った食べ物やコーヒー、炭酸飲料などの刺激のあるものの摂取は控えましょう。
・ブリーチ効果は永続的なものではないので、およそ2・3年すると元の状態に戻ってしまうので、キレイな歯茎を維持するには定期的に歯茎のブリーチを実施する必要があります。

Q&A

Q1:ガムブリーチはどのくらい時間と期間が要りますか?
A1:1回の治療時間は10分程度です。それを2週間おきに2~3回行います。およそ2回程度の治療で歯茎がキレイな色になります。

Q2:なぜ歯茎が黒くなるのですか?
A2:メラニン色素が粘膜の下に付着するからです。

Q3:ガムブリーチに痛みはありますか?
A3:歯茎の表面に表面麻酔を行いますが、薬を歯茎に塗布する際に、多少ピリピリした感じがします。少し日焼けした時のような感覚と、たんぱく質を変化させるのでごわつき感があります。個人差はありますが、施術後1週間前後で、日焼けで皮がめくれるように白い部分が剥がれていきます。

いかがでしたか、歯をホワイトニングした後、歯茎の黒ずみが気になって来た方には、ガムブリーチという方法があります。一度、試してみてください。