芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

インビザラインGOについて

3D画像化技術と審美的要素を融合した、「マウスピース型矯正装置インビザライン」は、2021年5月現在、世界100ヶ国以上で1000万人以上の患者さんに提供され、治療を受けています。今回は、そのインビザラインの技術を継承し、更に前歯部に特化した最適なマウスピース矯正の「iGo(インビザライン ゴー)システム」についてのお話です。

iGo(アイゴー)とは

iGoは、インビザラインで有名なアライン・テクノロジー社が提供する新システムで、インビザラインと基本的には同じ矯正装置ですが、歯牙の移動範囲が第二小臼歯間に限られています。インビザライン矯正でも、軽度の悪い歯並びの方を対象にしたシステムとなっています。

iGoシステムが勧められる方

・前歯の歯並びが少し気になる方
・見た目の前歯が不自然(軽度のガタツキ・八重歯、すきっ歯など)な方
・ワイヤー矯正はしたくない方
・周囲に気づかれずに歯を整えたい方
・治療中も歯磨きができて、歯を清潔に保ちたい方
・金属アレルギーが心配な方
・頻繁に通院はできない方
・治療費をできるだけ抑えたい方
以上の条件に少しでも当てはまる方には特に勧められる矯正システムとなっています。

ラミネートベニア治療を効果的に
ラミネートベニアという歯の形や色を整える治療法があります。これは、患者さんの歯にセラミックの板を張り付けて、形だけでなく、色も希望の白さにすることができます。この治療を行う前にiGoシステムで、ある程度歯の位置を動かすことにより、より効果的な見た目の良い結果が得られます。

インプラント治療のサポートに
歯周病や抜歯で歯を失った時に、骨に人工の歯根を埋めて歯を再生するのがインプラント治療ですが、失った歯の部分に横の歯が寄ってしまって、空間が狭くなる場合があります。そんな時にはiGoシステムで歯を動かして、インプラントを埋めるために必要なスペースを確保することもできます。

iGoのメリット

口腔内を健康に保つ:インビザラインアライナーは取り外しができるので、治療中でもアライナーを外して歯磨きが行え、口腔内を健康に保てます。

治療中も目立たない:透明で目立ち難いから、歯列矯正中であることを周囲に気づかれることは、ほとんどありません。また、特別なイベントに参加する場合は、アライナーを取り外すことも可能です。

アクティブライフを維持:通常のブラケット矯正では唇を傷つける可能性があり、スポーツなどを制限されますが、インビザラインのアライナーならその心配はいりません。

装着感が良好:革新的テクノロジーや機能、厚さ0.5㎜、ポリウレタン素材により、装着感が良く、予測実現性にも優れています。

歯の移動を画像、動画で確認:3Dソフトウェアにより、治療開始から終了までの歯の移動を、コンピュータ画面上で画像や動画として確認ができます。

インビザラインとiGoの違い

インビザラインとiGoで用いる矯正装置に違いはありませんが、マウスピース型矯正装置に使用できる枚数と動かせる歯に制限があります。

動かせる歯:前歯から第二小臼歯(前から5番目の歯)までで、奥歯は動かせません。

アライナー(マウスピース)の枚数:最大20枚までと決まっているので、1枚のマウスピースを10日間で交換すると、患者さんの症状にもよりますが、治療期間は約半年となります。何らかの理由で、途中追加治療が必要になっても、1年を超える場合はほとんどありません。そのため、治療期間が負担になることはなく、他の部分矯正と同じように、費用は抑えられる傾向にあります。

iGoシステムと他の部分矯正の違い

部分矯正に用いられるマウスピース型矯正装置にも、いくつかの種類があります。しかし、iGoシステム以外のマウスピース矯正装置でデジタル対応しているものはほとんどありません。他のマウスピース型矯正装置は、設計、作成(治療計画)を主に手作業で行うので、細かな歯の移動を行うことが難しいのです。また、iGoシステム以外のマウスピース型矯正装置では、歯を少し動かすたびに歯型を採ることが多く、約1ヶ月ごとに通院して歯型を採って、装置の出来上がりを待つというサイクルを繰り返すため、通院頻度が多くなります。

iGoシステム合否の判定

奥歯の向きや位置に特に問題がない場合は、前歯のみの矯正で十分な場合が多くあります。前歯の凸凹、軽度の開咬(上歯と下歯が嚙み合わない)、軽度の過蓋咬合(上歯と下歯の噛み合わせが深い)の場合には、iGoシステムで対応が十分できます。

実際の評価

実際にiGoシステムに適応できるかどうかは、ケースアセスメントと呼ぶ症例評価によって判定が行われます。ケースアセスメントには、iPhone(iPad)で使用する専用アプリ(インビザラインフォトアップローダー)や、「iTero」と呼ばれる3D光学スキャナーが用いられます。尚、このケースアセスメント機能を使えるのは、iGoシステムのライセンスを持ったドクターのいる医院に限られています。

いかがでしたか、前歯だけが気になる、あまり治療期間が取れないなど、費用も含めて負担を抑えたい方に、iGoは魅力的な矯正方法となっています。