芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

インプラントに適したケースとは

インプラント治療も一般に広く知れ渡ってきましたが、歯のトラブルや欠損の場合に、いつもインプラント治療が最適とは限りません。そこで今回はインプラント治療に適したケースを紹介していきましょう。

インプラント治療に適したケース

例えば、歯を1本失っただけの場合、インプラント治療を必ず選択することが最適とはいえません。高額なインプラント治療を選択しなくても、他の治療法で大差ない結果を得られることもあるからです。例えば、失った歯の両隣の歯が、すでに神経を抜かれて被せられた歯であれば、それらの被せた冠を外して、ブリッジ治療を施すことも可能なのです。
以下では、他の治療法に比べてインプラントを選択する方が、その効果を発揮できるケースについて紹介します。

失った歯の両隣の歯が全く問題のない天然歯の場合

この場合で、部分入れ歯を選択することはまずありません。また、ブリッジ治療をするには、両隣の健全な歯を削ることになります。削った歯が元に戻ることはないので、最近は歯を削ることに難色を示すことが多くなっています。
インプラント治療の大きな利点は両隣の歯を全く触らずに、治療を終えられることです。

奥から順に歯が抜けていく場合

虫歯や歯周病で一番奥や手前の大臼歯が抜けてしまい、残った歯に負担が多くかかって、次々と歯がぐらついて噛めなくなるケースがよくあります。この場合、奥歯なのでブリッジ治療はできません。また、部分入れ歯では、力学的に手前の歯に過度な負担をかけず、適合性の良いものでないと、かえって残っている歯を早期に失うことになります。
このケースでは、失った奥歯に代わってその負担を自身で受け止められる、インプラント治療がその効果を発揮できます。

外傷や事故で歯を失った場合

外傷や交通事故、スポーツなどによるアクシデントなど、いわゆるケガによって歯を失った場合、早期対応ではインプラントが非常に有効な場合が多くあります。なぜなら、歯の周りの骨が比較的良い状態で残っている場合が多いからです。
特に若い人の場合は、周りの歯を削らずに受傷前の状態に近づけるために、インプラントが有効となっています。

総義歯が合わない、満足できない場合

インプラントを希望する方の中でも、総義歯で悩んでいる方は多いのですが、高齢、且つ全身疾患を持っている方では、希望されてもインプラント治療を行えない場合があります。そこで総義歯にせざるを得ない状況になった場合は、先ずインプラント治療を考慮することが解決策の一つだといえます。
インプラント義歯の場合は嚙む力を歯茎でなく、インプラントがその負担を担うので、しっかりと固定した歯で噛むことができるのです。

口内清掃、メインテナンスケアが十分行き届いている場合

インプラントの成功率には、埋入するお口の中の環境が大きく関わってきます。埋入場所の周りの歯が歯周病であるか、ないかによって、インプラント成功率に大きな差が出てきます。
従って、埋入するお口の歯周病は前もって治癒させ、口腔ケアについても十分できている必要があります。インプラントを長く機能させる上で、口腔清掃状態は非常に大切であり、歯周病治療をはじめとする口腔ケアがしっかりできていれば、インプラント治療を安心して受けられます。

以下のケースでは注意が必要

インプラント治療も万能ではなく、以下のケースには注意が必要です。
・歯の治療は全身に影響するので、キズが治りにくい体質の方の外科手術では、大きな注意が必要です。
・高齢者の方では、外科手術によるリスクにも配慮が要ります。
・外科手術であることを考慮すると、妊娠中の方、糖尿病などの全身疾患のある方、顎骨の量が極端に少ない方、ヘビースモーカーの方も、インプラント治療が受けられない場合があります。
・慢性歯周病が原因で抜歯した部分にインプラント治療を行った場合、虫歯や事故などの理由でインプラント治療を行った場合とを比較すると、20%程度成功率が下がるというデータがあります。

ブリッジと入れ歯のメリット、デメリット

ブリッジ

欠損歯を補うために、健康な両隣の歯を削る点が大きなデメリットです。また、本来不要だった大きな力が両隣の歯にかかり続けるので、長期的な視点では歯への負担がリスクとなります。

入れ歯

保険診療により、比較的安価で治療が受けられ、顎の骨や口内がどのような状態でも作成できるメリットがあります。しかし、入れ歯は“クラスプ”というバネのような固定装置を残存歯にかけて維持するので、ブリッジと同じように土台となる歯に大きな負担をかけることになります。長年の入れ歯により、余計な力をかけ続けた顎の骨はやせ細って、噛む力が弱まって行くことになります。

いかがでしたか、歯を失った場合の治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯があり、それぞれ長所、短所があります。しかし、一生ものの歯を長期的な視点で口腔内健康を考えた場合、インプラントに分があるといえます。実績があり、設備の整ったクリニックをしっかり見定めて、治療にかかることが肝要です。