芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

PMTCのおすすめ

自分でどんなに丁寧に歯を磨いても、プラークやステインはなかなか取り除くことはできません。そこで、PMTCでは歯科医師や歯科衛生士などのプロによって、専門の技術を駆使して歯を美しく保つことができます。しかし、このようにメリットしかないように見えるPMTCですが注意点もあります。今回はPMTCのメリットやデメリットを知ることで、受けるべきかどうかの判断の材料になる情報を紹介します。

PMTCとは

PMTCは、Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が清掃効果の高い研磨剤や電動歯ブラシ、ラバーカップなどの機器を使って行う歯のクリーニングのことです。歯科医院で定期的にPMTCを行えば、口腔内の状況を知ることができ、また、歯石の除去なども行うので、歯の健康の維持につながります。

PMTCのメリット

PMTCは歯科で行う徹底的な歯の清掃ですから、定期的に受けることで大きなメリットがあります。

虫歯や歯周病の予防
自分で歯磨きを行ってもなかなか手が届かない、歯と歯の隙間や奥歯、プラークが蓄積しやすい部分まで、プロの手できれいに清掃できるのがPMTCの大きな特徴です。特に下記に該当する方はPMTCがおススメです。

・矯正治療中の方
口腔内に矯正装置があるため、通常の歯磨きでは磨き残しが多く、PMTCを行うことで虫歯や歯周炎の予防になります。

・歯に被せ物やブリッジがある方
口腔内に被せ物やブリッジなどがあると、歯ブラシの届きにくい場所ができるので、PMTCはとても効果的です。

・ミュータンス菌に感染している方
ミュータンス菌などの口腔内細菌のバイオフィルム(細菌の塊)は、歯磨きだけでは完全に除去できませんが、PMTCを行うことでバイオフィルムを除去し、ミュータンス菌の活動を抑えることができます。

白い歯の維持
普段の歯磨きではなかなか取れない、着色汚れのステインが蓄積すると、黄ばみやくすみの原因となります。PMTCを行うことで、しつこいステインを除去し、白い歯を実感できるようになります。歯についてる着色汚れの原因は、緑茶やコーヒー、赤ワイン、たばこのヤニ、カレー、チョコレートなどで、日常的に摂取している方ほど、歯の汚れが付き易くなっています。尚、PMTCでは歯の研磨後、フッ素を塗布することで歯の表面がつるつるになって、汚れが付きにくい歯になるメリットもあります。

口臭対策に効果
口臭の原因には、①飲食物 ②唾液の減少による細菌増殖 ③病気などがあります。しかし、飲食物によるものなどは一時的に口臭が強くなるものもありますが、口臭の原因の80%以上は口内細菌によって発生した揮発性のガスによります。このガスによる口臭を抑えるためには、口腔内を健康に保ち、唾液の量を増やすことが大切です。そのために、PMTCで口臭の原因である歯垢などを落とすことで、歯をきれいにすると共に口臭対策にもなるのです。

PMTCのデメリット

歯に対するデメリットというより、お金や時間に関するデメリットがあります。

時間がかかる
PMTCの施術時間はおよそ1時間くらいですが、医師や歯科衛生士が一本一本の歯を丁寧に磨くので、汚れがひどい場合はどうしても時間がかかるようになります。

PMTCを行わない歯科がある
PMTCは全ての歯科で行えるものではないので、施術を希望する場合は、予め施術ができるかを確認しておいてください。

PMTCの施術

歯の状態を観察し、必要であれば溜まったプラーク(歯垢)を可視化するために染め出し液でピンク色に染めます。染まっているところは、プラークが溜まっている証拠で、付着具合によって必要があれば、歯磨きの指導が行われます。次に先の尖った専用の器具(スケーラー)を使って歯石を取り除きます。歯石は唾液の中のカルシウムなどが石のように固まったもので、日常の歯磨きでは取り除けないので、歯科医院などで除去してもらう必要があるのです。その後、ブラシや専門器具を使って汚れやステインを落としていきます。仕上げに虫歯予防のフッ素コーティングを行って終了となります。

いかがでしたか、PMTCは日常では取り除きにくい汚れやステインも同時に取り除くので、歯が白くなるだけでなく、口腔内の健康的に保ち、口臭対策にも有効となっています。定期的なPMTCの施術がおススメです。