芦屋の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

歯のマニキュアについて

歯科医院で歯を白くするホワイトニング(※)については、ブログで紹介してきました。ホワイトニングは、薬剤を使って自然の歯そのものの色を明るく変えてくれますが、保険が適用されないのでそれなりの費用が掛かります。それと比較すると、”歯のマニキュア”は低コスト・短期間で効果を感じることができます。今回は、そのような”歯のマニキュア”についての効果や、メリット・デメリットについてご紹介します。

※ホワイトニングに関しては、下記の記事も合わせてご覧ください。
白い歯を取り戻す方法
ホームホワイトニングで歯を白く!
妊娠中・授乳中のホワイトニング

歯のマニキュアとは

歯のマニキュアとは、歯の表面に塗料(マニキュア)を塗ることで歯を白く見せる方法です。「今すぐにでも歯を白くしたい!」といった願いに手軽に答えてくれます。今まで歯を削らないとキレイにならないと諦めていた方にも満足してもらえる審美治療です。マニキュアといっても、材料は爪に塗るマニキュアとは全く異なり、お口の中で使用しても問題のない樹脂系の材料が使われています。種類もいくつかあり、艶出しのマニキュア、歯を白くするマニキュア、市販用やプロ用、審美専門の歯科医院が使用するマニキュアなどがあります。

歯のマニキュアの効果

歯のマニキュアなら、歯の表面に塗料を塗るだけなので、元の歯を削る必要がありません。神経の治療をした結果、黒くなってしまった歯でも、また詰め物や被せ物などの人工の歯でも白くすることができます。ただし、塗り方によっては不自然な白さに感じることもあります。

市販の歯のマニキュア

歯のマニキュアは言うならば「歯のメイクアップ」と呼べるようなものです。顔のシミなどをコンシーラーやファンデーションで隠して肌をきれいに見せるのと同じ感覚で、「歯の色がもう少し白かったら・・・」、「銀歯を目立たなくしたい」、「もう少し歯をきれいに輝かせたい」といった願いを少しの間ですが、叶えてくれます。

ホワイトニングと歯のマニキュアの違い

効果の違い

歯のマニキュアは、表面に塗料を塗るだけなので一時的なものとなり、その塗料が剥げると元の歯の色に戻ります。
ホワイトニングは、薬剤を歯の表面から内部まで浸透させ、歯そのものの色を白くします。また、白さだけでなく、自然で透明感のある白さが実感できます。次第に色の後戻りはありますが、歯のマニキュアのような剥がれや、一時に元の色に戻ってしまうということはありません。

施術時間の違い

歯のマニキュアでは1回の施術時間は30分程度、塗料を塗るだけですぐに歯が白くなります。
ホワイトニングの場合は1回の施術に1時間程度かかり、また1回では効果が感じにくい場合もあります。少なくとも歯のマニキュアのように、1回で真っ白という具合にはいかないでしょう。

歯科医院での歯のマニキュアのメリット・デメリット

メリット

・歯を削ったり傷つけたりすることがない
・銀歯や差し歯でも白くできる
・市販品より効果が長持ち
・カラーバリエーションが豊富
・トータルケアの実施
・自分の好みに合った白さ
・痛みがない
・短時間で白い歯

デメリット

・お口の中の状態によっては受けられない場合がある
・保険が効かないので費用がかかる
・はがれるとリペア(修復)の必要がある
・約1~3ケ月しか持たない
・噛み合わせ部分は高さが変わるのでコーティングできない

市販品で行う歯のマニキュアのメリット・デメリット

メリット

・安価で手軽に試せる
・自分のタイミングですぐに歯を白くできる

デメリット

・歯磨きで落ちてしまう
・色をあまり選べない
・歯の白さにムラがでやすい
・人によっては2週間くらいでコートがはがれてしまう

いかがでしたか、歯のマニキュアは歯科医院で行うホワイトニングと比べると、手軽に歯を白くできる反面、どうしても一時的であるというデメリットがあります。ホワイトニングとの違いをよく理解して、状況に応じて上手に使い分けてください。