芦屋の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

歯科医院のスタッフさんの仕事について

前回、歯科医師の仕事について、ご紹介しました。しかし、皆さんのお口の健康をサポートするにはその他、多くのスタッフが関わっています。今回は歯科医師以外のスタッフの皆さんの仕事について、ご紹介していきます。

歯科衛生士の仕事

歯・口腔の健康は、「自分の歯で美味しく食べる」「楽しく会話する」など、健康で生き生きとした生活を送るための基本となっています。また最近は、「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割は高まってきています。歯科衛生士は歯科衛生士法第1条により、「歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る」ことと定められており、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。歯科衛生士の3大業務として、以下の3つが挙げられます。

歯科予防処置

人が歯を失う原因の90%である「むし歯」と「歯周病」は、歯科の二大疾患となっています。従って、むし歯と歯周病を予防すれば、自分の歯を一生保つことができます。歯・口腔の疾患を予防する処置として、「フッ化物塗布」(※1)、歯垢(プラーク)や歯石など口腔内の汚れを専門的に除去する「機械的歯面清掃」などの、予防的な医療(※2)技術の専門家が歯科衛生士です。

歯科保健指導

むし歯・歯周病は生活習慣病ですから、治療よりも予防、更に本人自らが生活習慣を改善することが大切で、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な支援(指導)が不可欠となっています。歯磨き指導をメインにした歯口清掃法の指導は、セルフケアのスキルアップを専門的に支援する大切な仕事です。また、寝たきりや要介護者などに対する訪問口腔ケアも重視され、更に食べ物の食べ方や噛み方などの食育支援(※3)、高齢者や要介護者の租借や呑み込みの力を強くする摂食・嚥下機能訓練も、新たな歯科保健指導分野として注目されています。

歯科診療補助

歯科診療では、歯科医師を中心にした「チーム医療」が行われています。その中で、歯科衛生士は歯科診療の補助と共に、歯科医師の指示を受けて治療の一部を担当して、患者さんの診療を行っています。診療補助の範囲は広く、歯科診療を円滑に行うために大切な役割を果たしています。また、歯科医師と患者さんの間に立って、信頼関係に基づく心優しい歯科医療を行うために、歯科衛生士の役割は大きくなっています。

歯科助手の仕事

歯科助手と歯科衛生士の大きな違いは、医療行為ができるかどうかにあります。歯科衛生士は文部科学省や都道府県知事が指定する養成所などを卒業し、国家資格を取得しています。この資格で医療行為が全て行えるわけではありませんが、歯科衛生士の項目で挙げた3大業務が行えます。一方、特別な資格を必要としない歯科助手は、医療行為以外の業務を担当することになり、歯科衛生士が医療業務従事者であるのに対し、歯科助手は一般事務に区分されます。以下に具体的な仕事内容を紹介します。

受付・会計業務

歯科医院に来院された患者さんの受付を行い、診察券や保険証の確認などを行います。診察が終われば医療費の会計業務も担当しています。尚、Webやメール、電話での診察予約や診察スケジュールの管理なども、一般的に歯科助手の仕事となっています。

患者さんの案内・介助

患者さんが診察を受ける椅子までの案内や、治療の際に患者さんにエプロンをかけたり、高齢者の患者さんを診療後に会計場所まで介助しながら連れて行くこともあります。

歯科医師や歯科衛生士のアシスタント業務

患者さんに待ち時間を説明したり、使用治療器具を洗浄するなど、医療行為にならない範囲で医療業務従事者をサポートしています。

治療器具の管理

治療器具を治療前に揃えたり、使用済みの器具を洗浄するのも歯科助手の仕事です。治療中、歯科医師に器具を手渡すなどの介助を行うことはあります。

レセプト作成業務

レセプトと呼ばれる「診療報酬明細書」は、患者負担分以外の医療費を市区町村や健保組合などの保険者に請求するためのものです。レセプト作成には専門的知識が求められるので、有資格者の歯科助手が担当することが多くなっています。

このように、歯科診療は歯科医師と多くのスタッフによる「チーム医療」として、進められています。その他に「歯科技工士」という、入れ歯などを製作する専門技術者も専従していますので、次回、紹介します。