芦屋市の大型総合歯科医院、芦屋M&S歯科・矯正クリニック

MENU

columns


コラム

虫歯の進行度とその治療法#2

歯が痛み出したり、穴が開いたりすると「虫歯ができた」と自覚する方は多いですが、「痛みのない虫歯」や「痛みがなくなる虫歯」もあります。虫歯は少しずつ進行するものですから、その進行度によって、歯の状態や自覚症状、治療方法が異なってきます。今回は前回に引き続き、虫歯の進行度「C3」から説明しましょう。

虫歯の進行度と治療

C3(シースリー:神経まで進行した虫歯)の症状と治療法

大きく穴が開いて、激しい痛みを伴い、ほとんどの方が虫歯と気づきます。ここまで進行すると、根管治療を行ってから詰め物・被せ物を行います。尚、根管治療は「神経を取る治療」「根っこの治療」という呼び方をする場合があります。
・歯の状態:虫歯が象牙質を超えて、神経まで達した状態です。
・自覚症状:大きく穴が開いたり、欠けたりします。また、冷たいものや温かいものが酷く沁み、何もしなくてもズキズキ痛み、口臭も強くなります。
・治療方法:根管治療として歯の神経を取り、根の中を消毒したうえで土台を作り、被せ物をします。
【保険治療】根管治療+土台作成(レジン・メタル)+被せ物(レジン・メタル)。
土台(コア)・被せ物の素材には、メタル又はレジン(プラスチック)が使われますが、レジンには強度に問題があるので、負荷のかかる奥歯や深い虫歯のある部分には、原則使われません。
「メリット」:安価で、レジンの場合は見た目がよく、金属アレルギーの心配がありません。
「デメリット」:経年劣化による二次虫歯や歯周病リスクが高く、根管再治療のリスクが高くなります。レジンクラウンの場合は経年劣化による変色。メタルクラウンの場合は銀色で目立つことと、金属溶け出しによる歯茎の黒ずみが見られることがあります。また、金属アレルギーのリスクもあります。
「費用」:1,000~3,000円/根管 ※被せ物などの諸費用は別途必要。
【自費治療】精密根管治療+土台作成(ファイバーポストコア)+被せ物(セラミック・ジルコニア)。
「マイクロスコープ」や「ラバーダム」などを用いた精密根管治療が行われ、土台にはファイバーポストコアが選択されます。グラスファイバー(繊維強化プラスチック)素材の使用により、天然歯の象牙質と同じく弾性に優れ、歯の根の破損を予防できます。
「メリット」:抜歯を回避する可能性があり、根管の再感染リスクも低くなります。
「デメリット」:根管治療の特別な設備が必要なので、実施できる歯科医院が限られ、自費治療のために保険治療と比べて高額となります。
「費用」:合計200,000円~(精密根管治療80,000円~150,000円、土台10,000円、被せ物30,000円~150,000円)※使用素材や医療機関により異なります。

C4(シーフォー:ほとんど歯がない虫歯)の症状と治療法

最終段階の虫歯で、C3と同じく激しい痛みがありますが、虫歯菌によって神経が食い尽くされると、痛みを感じなくなることもあります。
・歯の状態:目に見える歯の部分(歯冠)がほとんど失われ、根の部分だけが残っているか、いないかといった状態です。
・自覚症状:C3と同様の症状に加えて、歯の神経が死んでしまうことにより、以前あった強い痛みを感じなくなることもあります。
・治療方法:抜歯+歯の代替処置(ブリッジ・入れ歯・インプラント・歯牙移植・矯正治療など)。歯を残せる場合は、C3治療と同じく、根管治療+被せ物
【保険治療】抜歯+ブリッジ(硬化レジン・メタル)。
欠損歯が1~2本の場合に適応され、両端の歯を使って、橋渡しのように人工歯を作ります。前歯や犬歯なら硬化レジン、奥歯ならメタルを素材として使います。
「メリット」:安価ですが、入れ歯のような違和感がありません。
「デメリット」:両サイドの歯を支えにするため、健康な歯であっても削らなければいけません。
「費用」:10,000~30,000円/1本。
【保険治療】抜歯+入れ歯(プラスチック樹脂の人工歯と義歯床、金属製の留め金)。
抜けた歯の両サイドが健康な歯でない場合、又は、多くの歯を失った場合、ブリッジ治療を行いたくない場合に、適応されます。保険治療による部分入れ歯は、アクリルレジン(プラスチック樹脂)の人工歯と歯茎に似た色の義歯床、金属製の留め具(クラスプ)で構成されます。
「メリット」:安価で、ブリッジ治療をするための健康な歯を削らなくてよい。
「デメリット」:強度を保つため厚めに作られ、義歯床に違和感を覚えることがあり、金属の留め具が目立ちます。また、調整には限度があります。
「費用」:部分入れ歯-5,000~15,000円。総入れ歯-約20,000~30,000円。
【自費治療】抜歯+ブリッジ(セラミック・ジルコニア)。
自費治療のブリッジは、人工歯の素材がセラミックやジルコニアになります。歯ぎしり・食いしばりの癖がある方には不向きです。
「メリット」:天然歯に近く、透明感があり、変色しにくく、自分の歯と同じように噛むことができます。
「デメリット」:欠損歯の支柱にするため、両サイドの健康な歯を削ることになり、虫歯のリスクが高まります。
「費用」:50,000~250,000円/1本。※医療機関により異なります。
【自費治療】抜歯+入れ歯
自費治療の入れ歯では、厚みが薄く違和感の少ない金属製の義歯床を選択できます。
「メリット」:薄くて、外れにくく、装着時に違和感の少ない入れ歯が作れます。他にも、留め具がないので、一見入れ歯とは分からない「ノンクラスプデンチャー」を選択できます。又、細かな嚙み合わせ調整が行えます。
「デメリット」:入れ歯作成に時間がかかります。
「費用」:部分入れ歯-100,000~500,000円。総入れ歯-100,000~1,000,000円。
※医療機関により異なります。
【自費治療】抜歯+インプラント
外科手術で人工の歯の根(人工歯根)を植え、1本から無歯顎まで対応できます。
「メリット」:グラつきや外れる心配がなく、天然歯のようにしっかり噛めます。ブリッジ治療のように、隣の健康な歯を削る必要はありません。
「デメリット」:事前検査や定期的なメンテナンスなどで、比較的通院回数が多くなります。
「費用」:300,000~500,000円/1本。※医療機関により異なります。
【自費治療】抜歯+歯牙移植
欠損部分に自分の歯(親知らずや過剰歯)を移植します。条件を満たせば、保険適用できる場合もあります。
「メリット」:自分の歯を使うので拒絶反応がなく、他の歯と同じようにしっかり噛むことができ、インプラントより歯周病リスクも少ないです。
「デメリット」:移植できる条件(同サイズ、歯周病にかかっていない歯など)がある。実施できる医療機関が限られる。
「費用」:40,000~100,000円。※移植のみの費用。
【自費治療】抜歯+矯正治療
場所や周囲の歯の状況によって、矯正治療で欠損部分を補うことができます。尚、費用などは矯正治療の内容によって異なります。

いかがでしたか、「痛い!虫歯かな」と思った時は、少し我慢すれば収まると思わずに、先ずは、歯科医院で診てもらいましょう。早めの診察と定期的な検査が勧められます。

尚、虫歯の進行度CO~C2については、前回、「虫歯の進行度とその治療法#1」を参照してください。