歯並び症状別

逆ガミースマイルとは?原因・見分け方・治療方法をスゴ腕矯正医が徹底解説!

  • LINEで送る

逆ガミースマイルとはどんな状態?
ガミースマイルとの違いは?
逆ガミースマイルはどうやって治すの?

上記のように、逆ガミースマイルについて心配や疑問を持っている方もいるかと思います。

せっかくの笑顔を曇らせてしまう逆ガミーを解消する方法はあるのでしょうか?

そこで、現役の矯正歯科医が逆ガミースマイルについて、原因や見分け方、治療方法などを解説します。

逆ガミースマイルや出っ歯など、自分の不正歯列がどの症状にあたるのか、原因が何かわかる記事を以下でまとめています。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは、逆ガミーに長く悩んできた多くの患者様の症例を解決してきた実績があります。

患者様の理想の歯並びや予算をじっくりヒアリングして、ベストの矯正方法を提案させていただきます。記事を読まれた後に、お気軽に問い合わせフォームからお問合せください。

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長 松岡伸輔

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長の松岡です。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは2003年に兵庫県芦屋市で開院しました。医師全員がインビザライン治療(マウスピース治療)・小児矯正・咬合誘導で秀でています

インビザライン治療では1年間の症例数実績によって表彰される「プラチナステータス」に公式認定されています。

このブログで、インビザラインを始めとするマウスピース矯正、ワイヤー矯正など歯並びに関するさまざまな疑問にお答えします。もし、このブログで分かりにくい点がありましたら、お気軽にお問合せください。

逆ガミースマイルとは?

逆ガミースマイルとは?

逆ガミースマイルは、上記画像のように笑ったときに上の歯や歯茎があまり見えない状態のことです。

笑ったときの理想は、下唇で下の歯が隠れ、上の歯茎が1mmほど見える状態や上の歯が見える状態が理想とされています。

しかし、逆ガミースマイルは上の歯が少ししか見えない、もしくは上唇にスッポリ覆われている状態のことを指します。

笑ったときに上の歯が隠れてしまうと口角が下がっているように見えるため、「笑顔に自信がない」方が多いようです。

ガミースマイルや受け口との違い

逆ガミースマイルと対で使われる言葉にガミースマイルがありますが、ガミースマイルは笑ったときに歯茎が3mm以上見える状態のことを指します。

ガミースマイルは歯茎が見えすぎてしまう状態、逆ガミースマイルは上の歯が見えない状態となっています。

ガミースマイルの矯正方法についてこちらの記事で解説しています。

また、上の歯が隠れる歯並びに受け口(しゃくれ)があります。

受け口は顎の大きさや位置が原因で、下の歯が上の歯を覆っている状態です。

受け口の矯正方法についてこちらの記事で解説しています。

逆ガミースマイルは、上の歯が下の歯ではなく上唇で隠れている状態を指すため、受け口とも違うのです。

「安いだけ」「思った仕上がりには程遠い」格安矯正で失敗した方はこちらをご覧ください。

逆ガミースマイルになる原因

逆ガミースマイルになる原因

逆ガミースマイルになる原因として、以下の4つが考えられます。

  • 遺伝
  • 加齢
  • 顎や歯の大きさ
  • 歯ぎしり

1つずつ詳しく見ていきましょう。

遺伝

遺伝によって生まれた時から逆ガミースマイルになる方がいます。

骨格は高い割合で遺伝し、骨格の一部と言える歯並びは3割ほどの遺伝率と言われています。

ご両親の顎の形や歯の大きさを受け継ぎ、上顎だけが小さかったり歯が元々小さかったりして逆ガミースマイルとなっているという方もいます。

加齢

年齢を重ねるにつれて口元の筋肉が衰え、逆ガミースマイルとなる場合もあります。

口元の筋肉が衰えると、口元にたるみが出て口角が下がります。

笑っても口角が上がらず、逆ガミースマイルとなるのです。

加齢の他にも、普段あまり口周りの筋肉を使わない方も逆ガミースマイルになりやすい傾向にあります。

顎や歯の大きさ

顎や歯の大きさも逆ガミースマイルの原因の1つです。

上顎の大きさが下顎よりも小さかったり歯が小さかったりすると前歯が隠れ、逆ガミースマイルの状態となります。

歯ぎしり

歯ぎしりによって、歯がすり減った場合にも逆ガミースマイルになりやすくなります。

歯ぎしりは体重の2倍以上の力が加わっており、そのまま放置をしていると歯が徐々にすり減っていくのです。

多くの方は、強く噛み締めた状態で左右に滑らせる動きの歯ぎしりをしています。

眠っている間に徐々にすり減って行くため、知らず知らずのうちに歯がすり減り小さくなっていき、逆ガミースマイルとなることがあります。

逆ガミースマイルの治療法

逆ガミースマイルの治療法

逆ガミースマイルは、以下の5つの方法で治療をしていきます。

  • 人中短縮
  • セットバック法
  • マウスピース矯正(インビザライン)
  • ワイヤー矯正
  • ラミネートベニア
  • セラミック矯正

1つずつ詳しく解説します。

人中短縮

人中短縮

美容形成外科で行う人中短縮は、上唇と鼻の間の人中と呼ばれる部分を短くする方法です。

鼻の下を数mm切除し縫合をする手術のため、ダウンタイムが発生し、違和感や数ヶ月〜半年ほど傷跡が濃く残る可能性があります。

相場の相場は30万円ほどです。

歯並びや噛み合わせは改善できません。

セットバック法

顎が大きすぎるなど、顎に原因がある方は前歯を後方に移動させるセットバック法での治療が可能です。

セットバック法とは左右の前から4番目の歯を抜歯、根元の骨を切除し、前歯の部分を後方に移動させる方法です。

費用の相場は80万円〜130万円ほどとなっています。

顎に原因がある方が適応となります。

歯の大きさに問題がある方や加齢、歯の大きさが原因で逆ガミースマイルとなっている方は適応外です。

マウスピース矯正(インビザライン)

逆ガミースマイルは、マウスピース矯正で治療可能です。マウスピース矯正は薄くて透明な医療用のマウスピースを使って歯並びを綺麗にする方法です。

数多くある歯並び矯正用マウスピースブランドを以下の記事で比較しています。

マウスピース矯正のメリット、デメリットについては以下の記事で詳しく説明しています。

矯正マウスピース矯正の代表格であるインビザラインの費用相場は、全体矯正が80万円〜100万円ほど、部分矯正が40万円〜50万円ほどです。

インビザライン矯正の費用詳細、費用を抑える方法をこちらで解説しています。

セラミック矯正(セラミッククラウン)、ラミネートベニアを併用して治療することもあります。

どの方法が適応か気になる方は、矯正歯科医でチェックを受けるのがおすすめです。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

逆ガミースマイルは、ワイヤー矯正による歯列矯正で治療をすることが可能です。

ワイヤー矯正は歯に金属の装置を着け、ワイヤーの引っ張る力を利用して歯並びを綺麗にしていく方法となります。

ワイヤー矯正の相場は全体矯正が60万円〜100万円、部分矯正が20万円〜40万円となっています。裏側矯正ではさらに高くなります。

セラミック矯正(セラミッククラウン)、ラミネートベニアを併用して治療することもあります。

ワイヤー矯正とインビザライン(マウスピース矯正)をこちらの記事で完全比較しています。

どの方法が適応か気になる方は、矯正歯科医でチェックを受けるのがおすすめです。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは歯を削り、セラミック製のネイルチップのような板を上からくっ付ける方法です。

前歯の長さを出すことができます。

ラミネートベニアは補綴(ほてつ)と言われる治療法の一つです。

歯列矯正の全体矯正や部分矯正とは異なり、1本単位での治療となっています。

費用の相場は、1本あたり10万円〜15万円ほどです。

上からセラミックをくっ付けるため、歯の色を自分に合ったものや好みで作成可能となっています。

色も変色しにくいです。

「早く治療をしたい」「上の歯だけ直して改善したい」という方におすすめの治療方法となっています。

デメリットとしては、知覚過敏になる可能性があることと、歯科医師の技術で仕上がりの差が出やすいことです。

セラミック矯正

セラミック矯正は、前歯を削り小さくした後、上からセラミックの被せ物をする治療方法です。

セラミッククラウンとも呼ばれ、前歯の長さを出すことが可能です。

費用の相場は1本当たり15万円ほどです。

上下の前歯を6本ずつセラミック矯正で治療をすると180万円ほどの費用となります。

歯を削って被せるだけのため、抜歯をしないで治療をすることができます。

治療の期間は、即日〜数週間の短期間で終了するのが普通です。

しかし、マウスピース矯正やワイヤー矯正と違い、セラミック矯正は歯を削るだけのため、噛み合わせは改善できません。

歯並びも併せて改善したい方は、マウスピース矯正やワイヤー矯正などの歯列矯正を検討するのがおすすめです。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックではセラミック治療は非推奨

芦屋M&S歯科・矯正クリニックでは、逆ガミースマイルを治す審美目的だけに歯の神経を抜いてかぶせるセラミック治療を使用することを基本的におすすめしていません。

まとめ

逆ガミースマイルは、笑ったときに上の歯が隠れている状態のことを言います。

治療方法はいくつかありますが、原因や状態によってどの治療方法が最善か異なります。

どの治療方法がいいのか気になる方は、気軽に矯正歯科でチェックを受けてみてください。

逆ガミースマイルの治療を検討中の方は、経験が豊富で総合スキルの高い矯正歯科を選ぶようにしましょう。

総合歯科であれば、治療中のトラブルなど、あらゆる問題に対応してもらうことができます。

矯正歯科選びの際には、症例数や経験が豊富な歯科医を探すのがおすすめです。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは、歯列矯正による逆ガミースマイルの矯正経験が多く、長く逆ガミーに悩んでこられた多くの患者様のお悩みを解決してきた実績があります。

患者様のなりたい歯並びをゆっくりヒアリングして、ベストの矯正方法を提案させていただきます。

まずは、お気軽に問い合わせフォームからお問合せください。3診療日以内にご連絡をさせていただきます。

よくある質問

逆ガミースマイルとは?

逆ガミースマイルは、上記画像のように笑ったときに上の歯や歯茎があまり見えない状態のことです。

笑ったときの理想は、下唇で下の歯が隠れ、上の歯茎が1mmほど見える状態や上の歯が見える状態が理想とされています。しかし、逆ガミースマイルは上の歯が少ししか見えない、もしくは上唇にスッポリ覆われている状態のことを指します。

逆ガミースマイルになる原因は?

逆ガミースマイルになる原因として、以下の4つが考えられます。

  • 遺伝
  • 加齢
  • 顎や歯の大きさ
  • 歯ぎしり

1つずつ記事で説明しています。

インビザライン矯正プラチナ認定の芦屋M&S歯科・矯正クリニックのオンライン予約はこちらです。

  • LINEで送る