歯並び症状別

出っ歯は押して治せる?自力で矯正する方法は?専門医が解説する放置リスク完全解説

出っ歯は押して治せる?自力で矯正する方法は?専門医が解説する放置リスク完全解説
  • LINEで送る

出っ歯に悩む方々に向けて、この記事では出っ歯の矯正に関する誤解や勘違いを一つ一つ解消していきます。

例えば、「自力で歯を押すと出っ歯が良くなる」というよくある見解があります。「押してたら治った」という体験談がネットで紹介されることさえあります。しかし、実は出っ歯は専門医による診断と治療が必要なケースがほとんどです。

この記事では、出っ歯は押して治せるのか?より安全な矯正の方法、リスク、費用、さらには医師とのコミュニケーションの重要性まで、包括的に解説しています。この情報を活用すれば、出っ歯に対する理解が深まり、正確な判断を下す手助けとなるでしょう。

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長 松岡伸輔

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長の松岡です。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは2003年に兵庫県芦屋市で開院しました。医師全員がインビザライン治療(マウスピース治療)・小児矯正・咬合誘導で秀でています

インビザライン治療では1年間の症例数実績によって表彰される「プラチナステータス」に公式認定されています。

このブログで、インビザラインを始めとするマウスピース矯正、ワイヤー矯正など歯並びに関するさまざまな疑問にお答えします。もし、このブログで分かりにくい点がありましたら、お気軽にお問合せください。

出っ歯は押して治るのか?

出っ歯は押して治るのか?

出っ歯で悩む多くの方が抱く期待の一つとして、「歯を手で押せば矯正できるのでは?」が多いかもしれません。この疑問に対する結論から申し上げますと、歯を押すことで矯正が可能なケースは極めて少ないと言えます。

この理由には、押すアクションによる歯の構造への影響、およびそのアクションがもたらすリスクが深く関わっています。

歯を押すアクションが与える影響

歯を押すアクションが与える影響

出っ歯の問題は、単純に前歯が前に出ているだけでなく、上下の歯の咬合、歯並び、そしてあごの位置まで複雑に関連しています。このような要素を一つ一つ考慮しなければならないため、前歯を単純に押すことでは根本的な解決にはなりません。

それどころか、歯を押す行為が歯周病や歯の位置の悪化を招く可能性が高いと判断されます。

自力での出っ歯矯正のリスク

自力での出っ歯矯正のリスク

自力での矯正は非常に危険な行為と言えます。まず、歯根や歯周組織へのダメージが考えられます。歯を力で押す行為は、歯周病のリスクを高め、歯根が短くなる可能性もあります。これにより、将来的には歯が抜ける危険性が出てきます。

次に、矯正には緻密な計算と理論が必要なことも挙げられます。歯の位置を適切に動かすためには、あごの骨構造、顎関節、そして周囲の筋肉に対する影響も全体として考慮する必要があります。これを考慮しないで行う矯正は、咬合力の低下や顎関節症を引き起こす可能性があります。

矯正歯科医や口腔外科医が長い教育と経験を持って、個々の患者さんに合ったプランを考案する理由があります。単に歯を押すことが全体の歯並びや咬合、さらには口腔内の健康に対して多大な影響を与えるからです。

自力で出っ歯の矯正を試みることは、治療費用が増大するリスクがあります。問題が複雑化し、後から専門医による治療が必要になるケースが多く見られます。

矯正を考えている場合は、早めに矯正歯科医または口腔外科医と相談することを強く推奨します。

出っ歯に似た症状に、下あごが上あごより引っ込んで口元が出るアデノイド顔貌があります。矯正対策方法も異なるので注意してください。

「安いだけ」「思った仕上がりには程遠い」格安矯正で失敗した方はこちらをご覧ください。

出っ歯は自然に治る?

出っ歯は自然に治る?

出っ歯を放置して、毎日の生活で気をつければ自然治癒することはあるのでしょうか?

食事と筋肉トレーニングで自然治療は可能?

食事と口周りの筋肉トレーニングは顎や歯の健康に影響を与える可能性があります。特に、硬い食物や繊維質の多い食事は顎の筋肉を鍛えるために有益とされています。

しかし、これが出っ歯に効果的、かつ直接的な治療とは言えません。出っ歯の根本的な問題は、多くの場合、骨構造または歯の位置に起因しているため、根本的な治療が必要です。

トレーニング機器、マウスピースの効果と限界

睡眠時に装着するような市販のマウスピースや顎のトレーニング機器も、一定の効果を持つ可能性があります。しかし、これらのアプローチが永続的な効果をもたらすかどうかは不明確です。

特に専門家の監修下でない場合、使用には注意が必要です。市販のマウスピースや自作の装置を用いると、装置自体が破損するリスクがあり、その破片が口腔内で問題を起こす可能性もあります。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックで矯正歯科医指導のマウスピース

芦屋M&S歯科・矯正クリニックでは睡眠時に装着するマウスピース(バイトプレート)に関しては、基本的に矯正中の使用はおすすめしていません。

歯の位置が常に変わっていくので、歯を固定する睡眠用マウスピースとは併用が難しいからです。
症例によって部分的に対応ができるケースもございますのでお気軽に当院にお問い合わせください。

年齢と出っ歯の関係は子供と大人で違う?

子供はまだ成長過程にあるため、矯正治療の効果が非常に高いです。一方、成人になると骨構造が固定されるため、治療がより複雑かつ時間がかかります。

成人期においては、自然治癒の可能性は非常に低いとされています。矯正治療が最も確実な方法であり、早めの治療が推奨されます。

出っ歯の主な原因

出っ歯の主な原因

出っ歯になる主な原因は以下です。

原因 概要
奥歯と前歯の位置関係 特に、前歯が前方に過度に傾くと、出っ歯が発生しやすいです。
指しゃぶりや口呼吸 特に子供のうちに出っ歯の原因となります。これらの行動が継続されると、歯の位置が狂いやすく、成長段階で修正が難しくなります。
遺伝 親や親戚に出っ歯の人がいれば、遺伝的な要素が強い可能性があります。

出っ歯は放置して大丈夫?

出っ歯は放置して大丈夫?

出っ歯を放置した場合のリスクには以下があります。

患者様の利益最大化の観点から言えば、早期の専門的診断と治療が非常に重要です。早い段階でのアクションは、長期的な健康と医療費用の面においてもプラスに働くでしょう。

歯並びの悪化

出っ歯を放置すると、歯の位置がさらに悪化し、これによって矯正治療が非常に複雑で高額になる場合があります。矯正治療の複雑性が高まると、それだけ多くの矯正装置が必要になる場合があり、その結果として治療費が急激に増加する可能性があります。

歯周病へのリスク

出っ歯の方は歯周病になりやすいと広く認識されています。歯周病が進行すると、歯根膜や歯槽骨にも影響を与え、最悪の場合、歯を失う可能性があります。

さらに、歯周病は全身の炎症反応を引き起こす可能性もあり、心臓病や糖尿病のリスクをも高めることが研究で指摘されています。

咬合力が低下

出っ歯によって長期で咬合力が低下すると、食事の際の咀嚼効率が低くなり、これがさらなる消化問題を引き起こす可能性があります。また、発音にも影響を与え、社会生活に支障を来す場合もあります。

さらに、顎関節症のリスクが高まる可能性もあり、これが頭痛や耳鳴り、顎の痛みを引き起こす可能性があります。

口腔内の総合的な健康への影響

出っ歯が口腔内の他の部位、特に咀嚼力に影響を与えると、これが消化器系全体に悪影響を与える可能性があります。不十分な咀嚼は、消化酵素の効率的な分泌を妨げ、胃腸での消化吸収に問題を引き起こす可能性があります。

経済的な負担

放置した場合には、上記の健康リスクが複合して現れ、結果として高額な医療費が必要になる可能性があります。早期の治療でこれらのリスクを最小限に抑え、長期的な医療費の節約が可能です。

まとめ

この記事では、出っ歯の矯正について専門医が詳しく解説しました。自力で歯を押すことのリスク、食事や筋肉トレーニングによる自然治療の可能性、さらには出っ歯が放置された場合の悪化リスクまで、包括的にご紹介しています。

特に、歯科医との相談がいつ必要なのか、または放置による経済的負担も考慮に入れて、矯正方法を選ぶべきです。この情報を活用して、出っ歯に悩むあなた自身またはお子さんの矯正計画をしっかりと立ててください。

よくある質問

出っ歯を押して治るのか?

出っ歯を押す行為は危険です。歯や顎に対する力は矯正の専門家によって計算されています。

  • 押すアクションが歯に与える影響
  • 自力での矯正のリスク
  • 歯科医と相談すべきタイミング

出っ歯を押して治す方法は専門家による指導が必須です。自力で行うと、さまざまなリスクが伴います。

出っ歯は自然に治りますか?

一般に、出っ歯は自然には治らない場合が多いです。

  • 食事と筋肉トレーニングで自然治療は可能?
  • トレーニング、マウスピースの効果と限界
  • 年齢と出っ歯の関係:子供と大人で違いは?

自然治療の方法もありますが、その効果と限界には注意が必要です。

インビザライン矯正プラチナ認定の芦屋M&S歯科・矯正クリニックのオンライン予約はこちらです。

  • LINEで送る