歯並び症状別

口ゴボでほうれい線がひどくなる?歯列矯正で治す方法を徹底解説!

口ゴボでほうれい線がひどくなる?歯列矯正で治す方法を徹底解説!
  • LINEで送る

口ゴボが原因でほうれい線がひどくなるって聞いたけど本当なの?
歯列矯正しながらほうれい線も目立たなくさせたい

口ゴボだけでもコンプレックスなのに、さらにほうれい線にも悩んでいる方もいるのではないでしょうか。口ゴボでほうれい線が目立ってしまうのには原因があります。

口ゴボでほうれい線が目立ってしまう理由とほうれい線を毎日のケアで改善する方法をご紹介しますので参考にしてください。

口ゴボや出っ歯など、自分の不正歯列がどの症状にあたるのか、原因が何かわかる記事を以下でまとめています。

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長 松岡伸輔

芦屋M&S歯科・矯正クリニック理事長の松岡です。

芦屋M&S歯科・矯正クリニックは2003年に兵庫県芦屋市で開院しました。医師全員がインビザライン治療(マウスピース治療)・小児矯正・咬合誘導で秀でています

インビザライン治療では1年間の症例数実績によって表彰される「プラチナステータス」に公式認定されています。

このブログで、インビザラインを始めとするマウスピース矯正、ワイヤー矯正など歯並びに関するさまざまな疑問にお答えします。もし、このブログで分かりにくい点がありましたら、お気軽にお問合せください。

口ゴボでほうれい線が目立ってしまう理由

口ボゴの方は、口周りの筋力が低下して皮膚がたるみほうれい線が目立つ傾向があります。

口ゴボとは、上下の前歯が出ているのが原因で口元がモコッと飛び出したような状態を指します。

上下顎前突と呼ばれることもある症状です。

口ゴボの人は口が閉じにくいため、口がしっかり閉じず半開き状態の人が多い特徴があります。

口が半開きの状態が続くと口の周りの筋力が低下して皮膚がたるむことでほうれい線が目立つのです。

また、口元が前に出ていると、口元の皮膚が鼻の下に乗るような状態になります。

それで、口元にほうれい線のようなシワもできやすくなるでしょう。

インビザライン矯正プラチナ認定の芦屋M&S歯科・矯正クリニックのオンライン予約はこちらです。

口ゴボによるほうれい線の矯正方法3選

口ゴボによるほうれい線の治療方法は以下の3つです。

  • 歯列矯正
  • 骨格矯正
  • ヒアルロン酸注入

それぞれ詳しく説明します。

歯列矯正

歯列矯正で口ゴボを治すに、主に以下の3つの方法が用いられます。

矯正方法

マウスピース矯正

ワイヤー矯正

セラミック矯正

手法内容

自分の希望の歯列に合わせたマウスピースを作成して装着する

歯に金属製の装置を着け、ワイヤーの引っ張る力を利用して歯並びを綺麗にしていく。歯の裏側に装置を付ける舌側矯正という方法もある。

セラミッククラウンとも呼ばれ、前歯を削って小さくして上から被せ物をする

メリット

  • 矯正していることがばれにくい
  • 痛みが少ない
  • 食事時は取り外せる

歯を大きく速く動かせる

  • 抜歯不要
  • 短期で完了

デメリット

ブランドによっては適応症例が限られる

痛みが大きい

  • 神経を抜く
  • 高価
  • 噛み合わせは改善しない
  • 軽中度のみ適応

価格

80万円〜120万円(インビザライン)

ワイヤー矯正:50〜100万円

舌側矯正:90万円〜150万円

1本あたり15万円程度

前歯を上下6本、合計12本行うと180万円程度

矯正期間

1年半から3年

2~3年

即日も可能

基本的に、歯列矯正による口ゴボの治療は生来要因ではなく、生活習慣、癖や歯の向きなどの後天的な原因で口ゴボになっている方が対象です。

口ゴボの原因についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

マウスピース矯正には、草分け的ブランドであるインビザラインを始めとして多くのブランドがあります。

口ゴボをインビザラインで治療する方法についてはこちらの記事で解説しています。

ごく軽度のいわゆる「プチ矯正」と言われるレベル以外の矯正には、インビザライン以外のマウスピースブランドは基本的に推奨できません。

インビザライン、キレイライン、Oh My Teethなど人気のマウスピース矯正ブランドをこちらの記事で徹底比較していますのでご覧ください。

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いについては、こちらの記事で比較しています。

外科手術

外科手術は、骨格矯正によって顎を正しい位置に戻す矯正治療です。

重度の噛み合わせ異常や反対咬合、受け口といった骨の位置に異常がある場合に適用されます。

他の矯正と違うのは、医療機関で「顎変形症」と診断されれば保険適用となることです。

手術となるため、費用は保険適用で60万円程度、保険適用外で180万程度と安くはありません。

歯列矯正で公的保険を使える条件についてはこちらの記事で詳しく説明しています。

手術は1日で終わりますが、硬いものを噛めるようになるまで数カ月かかる場合もあります。

手術後のスケジュールを含めた検討が必要です。

手術後、マウスピース矯正やワイヤー矯正で歯並びをきれいにすることが多いです。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入は、ほうれい線の部分にヒアルロン酸を注入することで肌をふっくらさせシワを目立たなくさせる施術です。

美容整形外科、または美容皮膚科で行う施術です。

効果には個人差がありますが、ほうれい線の改善にも期待はできます。

ただし、効果の持続は半年程度しか続きません。

ですから定期的に繰り返し注入が必要です。

保険適用外で3万円程度から行えます。

金額は注入するヒアルロン酸の量によって変わります。

歯列矯正でほうれい線が悪化するケースはある?

歯列矯正をするからといって、ほうれい線が悪化することは基本的にはありません。

しかし、ネット記事などを見ると、歯列矯正でほうれい線が悪化したとのコメントが記載されていることもあるようです。

幸いなことに、芦屋M&S歯科・矯正クリニックでは過去にそのような訴えをされた患者様はおられません。

しかし、抜歯によって歯を動かしすぎたり、急激に動かしすぎる矯正スケジュールを組んだ場合はほうれい線が悪化する場合も考えられます。

出っ歯の抜歯矯正で引っ込み過ぎてしまうリスクと対策方法について、こちらの記事で解説しています。

ただし、抜歯をしたからといって全ての人にほうれい線が目立つわけではありません。

ほうれい線を悪化させずに歯列矯正する方法

口ゴボの矯正に限らず、歯列矯正は事前の矯正歯科選びが重要です。

最近は多くの方が事前にネットで歯医者選びをするかと思います。

ネットを見ると「抜歯矯正なら○○当院へ!」「××矯正法専門で安心!」と宣伝している歯科医院も多いようです。

一見すると、いかにも専門性が高そうで信頼できるように感じるかもしれません。

しかし、インビザライン矯正であろうとワイヤー矯正であろうと、すべての矯正法には一長一短があります。

患者さんの口内環境によっては、複数の矯正方法を併用するのがベストの場合も少なくありません。

加えて、歯列矯正は生ものです。

矯正期間中、矯正後を通じて、時に予測できない影響が生じることもあります。

ですから、多彩な矯正方法に対応できて、矯正実績が多く、様々な分野の専門医が複数在籍する大型歯科医院を選ぶのが矯正を安心して進めるコツです。

ほうれい線を毎日のケアで改善する方法

ほうれい線は、以下のような毎日のケアで改善する可能性があります。

  • エクササイズで表情筋を鍛える
  • 口周りの乾燥対策をする

日常的に意識しながら生活してみましょう。

それぞれ詳しく説明します。

エクササイズで表情筋を鍛える

口周りの筋力が衰えてしまうと、皮膚がたるみやすくなりほうれい線の原因になります。

それで、口周りの筋力を鍛えるために表情筋を鍛えることが重要になります。

難しいことは必要ありません。

まずは「あ・い・う・え・お」と口を大きく動かして発声してみましょう。

一日のうちの空いた時間に数分続けるだけでも効果は期待できます。

ほかにも、少し固いおせんべいやスルメなどを食べて咀嚼回数を増やすだけでも表情筋は鍛えられます。

歯を痛めてしまうほどの固い食材には気をつけなければなりませんが、ぜひ試してみてください。

口周りの乾燥対策をする

ほうれい線はシワの仲間(厳密には鼻唇溝と呼ばれる溝)なので、肌の乾燥とも大きな関係があります。

そのため、ほうれい線を改善するには乾燥させないことも重要です。

シワや乾燥対策になる、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸といった成分が含まれたスキンケアを使用しましょう。

乾燥がひどい場合は保湿クリームを重ねるのがおすすめですが、使いすぎると肌にダメージを与えることにもなりますので注意が必要です。

まとめ:口ゴボでほうれい線に悩んでいるならさまざまな矯正方法がある歯科で相談

口ゴボが原因でほうれい線に悩んでいるなら多様な矯正方法が可能な病院を選びましょう。

口ゴボが原因の一つなら、歯列矯正で改善する場合もあります。

口ゴボやほうれい線を同時に改善したいなら、専門の病院で一度チェックしてもらうとあなたに合った治療で悩みを解決してくれるでしょう。

  • LINEで送る